「24時間感動の押し売りもどうかと思います。」について

24時間感動の押し売りもどうかと思います。」について
 私は、昨夜何となくテレビをつけてほんの数分見させていただきました。でも・・・。

 もうこの番組を見なくなって数年。年齢(28歳)のせいかもしれませんが、あまり気が乗らないんです。最後に見たのは、間寛平さんが2回目のマラソンにチャレンジした時かなぁ?あの時は、「お笑いの人が24時間走るんだ。」と、いままでになかった企画に興味をそそると共に「がんばれ!」という気持ちが湧いてきました。

 しかし、最近では「タレント:杉田かおる」や「丸山弁護士」とその時の話題の人が中心で、視聴率稼ぎが目立ってきちゃったような気がします。本当に24時間マラソンする必要があるのでしょうか?もしあるとすればそれはなんのために?

 私は、仕事がらテレビを見る時間が少ないので今年は『携帯サイト』をチェック。でも、そこには驚愕の事実が。このサイトでは『24時間マラソン』の速報が、会話を文章に起こして流れていたんですね。問題はそのゴール後の一言。<一部抜粋>

~前省略~
 徳光さん:なんか月並みだけど、どの辺が一番苦しかった?
 アンガールズ山根:走りはじめて6㎞ぐらいが・・・もうここでやめちゃえば終わるなと思って。あと40㎞ですね。朝起きて、これからは知らないといけないのかと思うとすっごい辛かったですね。

~後省略~

 あれ?24時間走っていたんじゃないの?アンガールズの山根さんは「朝起きて~」と言っていることは、寝ていたの?視聴者や応援していた人達を裏切らないでよね!(あまり期待していなかったけど)でもおかしい。

 以前は体が不自由な方が、富士登山や遠泳にチャレンジするといった内容が多かったのですが、無呼吸潜水で世界記録に挑戦するのは何のためだったの?これを見て何を学ぶの??そんなこと(とは失礼かもしれませんが)をするんだったら、ジャワ島地震のその後などと言った自然災害に苦しむ人達や、アフガンやイラクと言った戦争によって苦しむ人達のためになるような企画が多くても良かったのでは?なぜなら、「愛は『地球』を救う」んですから。原点に帰って、もういちど。

 追記:いまネットニュースに出ていました。募金総額が3億円だそうです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック